欠損補綴
欠損補綴

欠損補綴とはなんらかの原因で失った歯を補う事です。
方法としては下記の3つの種類があります。。

なんらかの理由で抜歯に
なった歯を両隣の歯を利用
して土台にし、かぶせもので
橋を作る治療法

歯のない所を補う
取り外しタイプの装置の事
使用する材料が複数あり、
患者様の希望にあわせる
事が可能です。

失われた自然の歯に
かわって、人工歯根を歯茎に
埋め込む治療です。

当院の方針

当院では無理に自費診療を勧めるのではなく、患者様の考えを尊重しながら、
まずは保険適応の治療を試した後で、自費診療にしたいと患者様が望むようであれば、
自費診療へ切り替えるようにしています。

重要

少々の技工であれば技工所に依頼するのではなく
自分でするぐらい技工にはこだわっています。
ブリッジ、入れ歯、インプラント全てに、
「患者様の歯の形を見ながら」「技工士さんが作りやすい歯の削り方」で
型どりする事により、患者様にとって良いもの(噛みやすく長持ちしやすい)が
できると考えています。
型どりの材料、模型つくりの方法、材料にもこだわり、ある意味言い訳が出来ないように
自らを追い込んで良いものを作成しようとこだわっています。

お問い合わせはコチラより
コンテンツ 歯科衛生士募集 藤田歯科医院 お問い合わせ スピーチエイドについて詳しくはこちら 嚥下障害について詳しくはこちら